喪中はがき・デザイン・選ぶ・ポイント

喪中はがきのデザインを選ぶポイント

喪中はがきのデザインを選ぶポイントについてなんですが、

最近は縦型形式以外にも横型形式のデザインのもの。

さらには背景やイラストが白黒や薄墨以外にもフルカラーのデザインのものも増えてきました。


私個人の意見としてはおめでたいお知らせではないので、
「フルカラーの喪中はがきって受け取る側はどうなんだろう?」
と思ったりもしますが、これも喪主様または故人の個性を反映している影響で実際に需要がある証拠だからであると思います。
ただフルカラーの喪中はがきと言ってもとっても上品な優しい感じの色合いなのでこれはこれでキレイでいいと思います。

 

よって特に喪中はがきに関しては横型でもフルカラーのデザインでもokだと思いますが、

 

それはご自分で自宅で喪中はがきを作成する場合に限られると思います。
なぜならばネット印刷だと当然予算が関係してくるからです。

 

当然10枚や20枚と枚数的にも非常に少ない枚数をしかもフルカラー印刷で注文をする場合、非常に割高になるからです。

 

もちろん喪中はがきの予算に関して特に糸目をつけないのであれば、
フルカラーの喪中はがきを50枚100枚と沢山注文をするのもありだと思います。

[まとめ]

 

形式的に喪中はがきをただ送りたいのであれば、オーソドックスに白黒か薄墨タイプがいいと思います。
一方予算的に余裕があり、個性を発揮したいのであればフルカラータイプがいいと思います。

 

そして予算に余裕がないけれどもフルカラーにしたい場合は、
ご自分で自宅でフリーソフトなどをダウンロードをしてフルカラーの喪中はがきを作成するのがおすすめです。

 

どうか予算を加味しながら喪中はがきのデザインをお決めになって頂ければと思います。