喪中はがき・歴史

喪中はがきの歴史について

喪中はがきの歴史についてご紹介致します。

 

喪中はがきが広く私たちの一般家庭に普及したのが昭和30年代頃と言われています。
さらにさかのぼる事、明治31年の英照皇太后の大喪の礼(たいそうのれい:天皇の葬儀)に使用された年賀欠礼の書状が残っており、
これが喪中はがきの記録に残る歴史上の起源と言われています。
さらに明治45年の明治天皇や大正4年の昭憲皇太后の崩御時には年賀欠礼状が関係者に多数送られました。

 

明治時代には喪中はがきはまだ皇室関係者の崩御の時のみに官吏が出していましたが、
大正時代には一般市民の間にもじょじょに喪中はがきの習慣が広まり、
昭和初期頃には喪中はがきの風習が確立しました。
その背景には明治時代から大正時代にかけて日本の近代の郵便事業の確立があった事も事実です。

 

ちなみに年賀状が広く国民の間でお正月の1つの年中行事として定着したのが、明治20年(1887年)頃と言われています。
年賀状はおめでたい行事ごとですから喪中はがきよりも普及の歴史が30年近くも早いのは当然と言えば当然です。